競馬予想ソフト CUSTOMX ご利用ガイド 中級編 〜 騎手・調教師の分析。JRAVAN 予想支援部門 6ヶ月連続No.1獲得!競馬予想が楽しくなり、競馬をより理解できる!

競馬予想ソフト CUSTOMX ご利用ガイド 中級編 〜 騎手・調教師の分析

競馬予想ソフト CUSTOMX を使用してレースを分析する場合の一般的な手順に沿って、各機能を説明します。

2. 騎手・調教師を分析する

2-1. 騎手の成績を分析しましょう。

騎手名の横に3つの指数が表示されます。

[騎X]は騎手の人気と実力から算出した指数です。高くなればなるほど、投資対効果が高いと言えます。

[信頼]は人気馬に騎乗した場合の成績から算出した指数です。この数値の単位は % で、「人気の時どのくらい信用できるか?」の目安になります。ミスをしない確率ともいえます。

[期待]は人気薄馬に騎乗した場合の成績から算出した指数です。この数値の単位は % で、「人気薄の時どのくらい期待できるか?」の目安になります。穴を開ける確率ともいえます。

2-2. 騎Xでソートしましょう。

投資対効果が高い順に表示されました。
この指数は人気がないのに実力がある騎手を探す時に利用しましょう。
リーディング上位の騎手は人気馬に騎乗する場合が多いので、実力は十分高くても、この指数がそれ程高くならない傾向があります。
小さな数値の差を比較しても、あまり意味がありません。

2-3. 調教師Xでソートしましょう。

調教師の場合も指数の意味は同様です。騎手の指数と比較して調教師の指数は格差が激しくなる傾向があります。
藤沢和雄と池江泰郎の両氏は、あれだけの人気馬を出走させていても、これほど高い数値とは恐れ入ります。

2-4. 騎手と調教師の関係を分析しましょう。

最後に騎手と調教師の関係を分析しましょう。
[共X]〜[期待]は該当調教師の管理馬に該当騎手が騎乗した場合について、同様に算出した指数です。
空欄は騎乗実績があまりないことを表しています。
この指数は休養明けの馬の仕上がり具合を見る場合や同一調教師の出走馬が複数いる場合・関東の調教師が関西のレースに出走させる場合などに参考にします。
「高橋義博調教師の指数が高いのは菊沢隆徳騎手が良く穴を開けているから」と推測することも可能です。

競馬予想において騎手と調教師の成績を分析することは、とても重要です。
着順予想の最後の詰めに騎手指数と調教師指数は効果を発揮しますので参考にしてください。