勝ち馬を探せ!!

1990年の冬、県下有数の進学校へ通っていた私は、同級生たちが受験勉強に精を出すなか、ひとり競馬の研究を始めた。 それか...

勝ち馬を探せ!!

1990年の冬、県下有数の進学校へ通っていた私は、同級生たちが受験勉強に精を出すなか、ひとり競馬の研究を始めた。

それから、運良く大学に受かり、大学へ通い、大学を卒業し、技術者になり、CUSTOMX を作った。

その間に何冊かの競馬本を買った。週刊競馬ブックはトラック一杯分ぐらい買った。

しかし、今残っているのはアンドリュー・ベイヤーの「勝ち馬を探せ!」だけだ。その他の本はその本が言わんとすることが間違っていることを科学的に証明できるぐらいに間違っていると思えたのでポイした。

「勝ち馬を探せ!!」を読んだからといって、現在のJRA競馬にすぐに適用できるというものではない。しかし、15年前に買ったこの本を今読んでみても、新鮮で面白い。(帯の推薦文の武豊も若い。)

結局、競馬予想理論でこれ以上の本は出ていないのではないかと思う。もしかしたら、競馬予想理論の本は、この本しか出ていないのかもしれない。

まだ、読んだ事がない方は、もし手に入るのならば、読むことをオススメする。
これを読んでから、CUSTOMX を使えば、正しい CUSTOMX の使い方を理解できる。


なんと、絶版でプレミア価格がついていました!びっくり!
↓↓↓↓↓
勝ち馬を探せ!!